【急がば回れ】リスニングを伸ばしたければまずリーディングを頑張れ!?TOEIC リスニング満点講師が力説

リスニングが苦手なんですが、どうしたらよいですか?」
という質問を受ける時があります。

当然、リスニングが苦手なら英語を聞くしかないでしょ

ということになるかもしれませんが、
結論を急いではいけません。

多くの人が見落としている点がひとつあります。
それはリスニングとリーディングは密接に関係している
という点です。

つまり、リスニングだけをやっていてもリスニングは伸びない
ということです。

リスニング教材のみを使って英語の勉強をしていて、
勉強が続かない
理由はここにあります。

ある程度耳慣れでリスニングが伸びることはあっても、
壁に当たってしまいます。
それはリーディング、つまり長文読解や英文法・語法の勉強が足りていないからです。

それでリスニングが伸びず、途中で挫折してしまいます。


本当にリーディングをやればリスニングが伸びる!?

ここからが大事です。

リスニングが難しい要因はずばり2つ
①単語の意味を理解する時間が短い
②返り読みができない

この部分なんですね。
考えてみてください。

単語の意味もすべてわかって、
文法もすべてわかった上で英文を読まれたら、めっちゃ簡単じゃないですか?

たとえば、

I am Hiroki.
I am from Kobe.
I like English.
Thank you very much.

こんな自己紹介があったとして、
リスニングしてみてください。
と言われたら、どうでしょうか?

100人中100人が聞き取れますよ。

ですので、聞き取れない要因の多くは、リスニング力ではなく、
リーディング力が大きい、ということになります。

以前塾の運営をしていた時に、
講師の東大生の学生と面白半分でTOEICを競ったことがあります。
彼は特別に留学もしたことがなかったのですが、
リスニングでいきなり400点以上をたたき出しました

「普通にやったらいけました」
みたいなことを彼は言っていたんですが、
やはり読解に強い人はリスニングも強いです。

じゃあリスニングをあげるにはどうしたらよいの!?

もちろん、リスニング対策として、
みなさんがやられているような、
オーソドックスな練習法は不可欠です。
(シャドウイングをやれ、と私は言い続けていますが)

あくまで、今回私がお伝えしたいのは、
そういうリスニング対策をやるだけではだめですよ
という意味です。

では、何をすればよいのか。

ずばり、長文をたくさん読むことです。
TOEICの点数を上げたい方はTOEICのリーディングをすればいいですし、
そうでなくても、例えば日常会話映画を字幕なしで見たい、という方もTOEIC教材がおすすめです。

というか、TOEICの教材が1番充実しているのでそれ1択でいいです。
学生の方は英検用の教材でもよいです。
特に精選リーディングがおすすめです。

こちらを使って、
普段から返り読みをせずに、
単語の意味も瞬時に出てくる訓練を重ねてください。

リスニングが圧倒的に伸びますよ。
頑張ってください。

もしお勉強でお困りの方はご連絡ください。
もちろん無料でご相談に乗ります。

>Kix English School OPEN記念!

Kix English School OPEN記念!

入会金 15,000円 ⇒ 0円                            無料カウンセリング 無料体験レッスン受付中!

CTR IMG
PAGE TOP