なぜ日本人は韓国人に英語力で負けるのか!?世界的サッカープレイヤー「ソン・フンミン選手」の動画を見て思ったこと

大のサッカー好きである私はYoutubeでサッカー動画のおすすめが上がってきます。
そこでこんな動画を見つけました。

インタビューの内容は面白く、サッカーで成功しながらも差別を受けているソン・フンミン選手が、毅然とした態度でインタビューに答えています。


インタビューの内容よりも気になったのは英語力!?

動画のコメントでこんなものがありました。

皆さんインタビューの内容もそうですが、ソン選手の英語力が気になるようです。
実際私が聞いても、ソン選手の英語はネイティブレベルまでといかなくても、普通に日常生活で全く問題ないレベルまで行っています。
おそらくサッカーの戦術に対する監督の指示も、練習中や試合中も通訳なしで意思疎通できているはずです。

私は個人的に、日本人のサッカー選手で失敗している選手は、語学力不足によるコミュニケーション不足が大きいと思っています。
これは前からずっと思っていましたが、最近では中島選手や井手口選手など、国際試合で日本代表として十分活躍できるレベルの選手が海外であまり成功しない一因ではないでしょうか?

韓国人に日本人の英語は負けている!?

動画には他にもこんなコメントがありました

結論から言いますと、

残念ながら、日本の英語力は韓国に負けています
2017年に実施されたTOEFLの国際テストで日本はアジア29カ国で下から3番目なのに対し、韓国は上から11番目です。

英語との言語の違い、というカテゴリーが言語学ではありまして、
日本語も韓国語も同じカテゴリー4で、英語から1番遠い言語に分類されています。

英語が苦手な人種というのは日本人も韓国人も同じなんですね。
じゃあなぜ日本人は英語ができないのに、韓国人は英語ができるのか
私が言うには、英語教育に対する熱意の違いです。

韓国にいる私の友人の話によると、
日本は英語できなくてもいいや、いう考えがまだまだ強いですが、
韓国では英語ができないと生きていけません。
日本では5教科の1つ、という位置付けですが、韓国では必須スキルの1つです。

ですので、海外留学や英語のレッスンなんかも日本人より圧倒的にお金と時間をかけています。


これは少し前に見た記事ですが、こんなものもありました。

こちらも

日本人に足りないのは英語学習に対する意識。それだけ

私も実際に2012年にカナダのバンクーバーに留学していた際感じましたが、
圧倒的に留学に来ている数は日本人よりも韓国人の方が多かったです。

日本の英語教育が悪いんだ、という意見もあるかもしれないですが、
正直使っているテキストやカリキュラム、学校先生の質がそんなに違うか?ってなるとそんなに変わるはずがありません。

もちろん日本人でも野球のダルヴィッシュ選手とかサッカーの本田選手みたいに英語ができる人もいますが、彼らに共通しているのはみな自分にストイックだという点です。
かけているお金と時間が違います
本田選手は英語のコーチングサービス「プログリット」の広告塔もされていますね。

いちサッカーファンとしては、英語ができなくて海外で失敗する才能ある日本人選手が多いことが残念で仕方がないです。どうか若い人たちはもっと若いうちから英語に真剣に取り組んで欲しいです。

頑張って韓国に負けない英語の土台作りをしていきましょう

ではでは。

>Kix English School OPEN記念!

Kix English School OPEN記念!

入会金 15,000円 ⇒ 0円                            無料カウンセリング 無料体験レッスン受付中!

CTR IMG
PAGE TOP