「スタサプやってます」と言って英語を勉強した気になっている学生がやばい理由の解説

  1. スタサプとは?
  2. スタサプで英語が身につかない理由
  3. スタサプをおすすめできる人は??

ここ2,3年で「スタサプ」というワードを耳にすることが増えたかと思います。
スタサプとはリクルートが提供する「スタディサプリ」というサービスの正式名称です。馴染みやすい名称と、広告戦略で一気に学生たちの間に広まりました
実際私が出会った生徒たちの中にはスタサプをやっている、もしくは知っている子がほとんどです。
※リクルートHPより

広まった理由の1つとして、その安価な値段が挙げられます。
月額1,980円という安さで、全教科の映像授業が見放題な上、テキストもついてきます
さらにそのお手軽さも人気の秘訣です。
アプリなのでいつでもどこでも映像が見れる上に、その講師は神授業で有名な人気講師ばかりです。

「なに!?めっちゃよさそう!これで成績が上がるんだったら、塾に毎月数万円も支払うなんてばからしいじゃん!」
そう言って飛びついたご家庭が多いようです。(今も増え続けていると思います)

リクルートという会社はわかりやすい会社で、「これが当たる!」と思ったサービスには多額の広告費をかけてばんばんPRします。
実際、街中やテレビCM、youtubeなどのSNS広告で頻繁に見かけますし、そのことからもスタサプの人気ぶりが伺えます。

ではスタサプは果たして実際に効果があるのでしょうか?

結論から言って、スタサプは1部の学習者にしか効果がありません。
大多数の人はスタサプはやめといた方がいいです。

なぜなのか?理由を解説します。

理由①続かない
スタサプはそもそも動画サービスです。
つまり自分一人で見て、自分で理解して、自分で学習計画を作って進めていくものです。
こんなことができる学生は一握りです。

「筋トレを始めよう!」と思って有名なトレーナーの動画を見て毎日家で1人で、1年間頑張れる人ってどれだけいますか?
習い事を始める際、だいたいの人は料理教室だったりスポーツだったり、対人サービスのものを始めますよね?
人はまわりに人がいることで頑張れます。
学生たちも当然同じです。
大人が無理なのに子供はできる、というのは理屈が通りませんよね。


理由②1番大事な「わからないところの解説がない」
スタサプで勉強しているのに塾に通う子が多いです。
リクルート自身も、「塾との併用」を謳っています。
※リクルートHPより

なぜ塾に通う必要があるのか?
それは神授業と言えど自分のわからないところの解説はしてくれないからです。
特に英語という科目の性質上、つまづいている理由は多岐にわたるので、その神授業は大多数の人にとっては意味がないものです。
上の例でも理科社会だけスタサプで英数は塾、となっていますよね。

つまり、基礎的な内容の解説はできても、かゆいところには手が届かないわけです。
これもリクルート自身が認めちゃっています。
※リクルートHPより

普通に考えて、
基礎は学校で習っているのにおかしいな、となりませんか?
学校で基礎、塾で応用を習うならわかりますが・・。

つまりスタサプは学校の授業を聞いていないか、聞いても理解できない学生が対象となるわけです。
言っちゃ悪いのですが、そんな生徒たちが動画を見て黙々と勉強するはずがない、と思っしまいます。
ですので、スタサプをやっている大多数の学生が結局塾に通うことになります。
だったら最初から塾に通うことをおすすめします。
そのスタサプに費やした時間とお金の無駄ではないか?と個人的には考えるわけです。


スタサプは単なる「学習教材」という位置づけです。
リクルートの戦略が上手なのは、「スタサプの競合相手が塾である」と世の中に思わせていることです。
でも実はスタサプの競合相手は塾ではありません。
通信教材や書店で売っている参考書が競合相手になります。

マクドナルドの競合はモスバーガーやロッテリア、もしくはファミレスですよね?
デートの途中でハンバーガー食べたいから、マクドナルドか shake shack で迷う、とはなりません。
同様に、スタサプに塾の代わりは務まりません。

なのにリクルートがあたかも塾のかわりにスタサプ、というような推し方をしているのには少し苦言を呈したいです。↓※リクルートHPより

そりゃぁ塾で1,980円は安いわ。
でもそうでない、月額1,980円の教材アプリ、となると少しお高いと感じるのは私だけでしょうか?


ここまで叩いておきながらスタサプをおすすめできる人はいるのか?という感じですが、はたしてどういった人にスタサプがおすすめなのか?

少なくとも、学校の成績で上位を取れている人です。
さらに言うと自分で勉強計画が立てられる高校生以上は利用する価値はあると思います。
リクルートという会社がかなりの開発費用をかけて生み出したアプリなので、まったくダメとは言いません。使いかた次第です。

高校生以上じゃないと進められない理由は、
何度も言うようにスタサプは動画教材なので、自分のペースで進めていかなければならない、という点です。
さらに、動画は当然文字で読むより説明が長いので、全部見るのに時間がかかります。

全部まるまる見ていたらそれだけで疲れちゃいますし、時間の無駄です。
以上の観点でいくとおすすめできるのは、自分で勉強計画を立てられる人。
高校生じゃなくても、小中学生で自分の苦手なところの単元や、自分に足りないところを理解できている学生は活用できるかもしれません。

ただそうなってくると、もうスタサプじゃなくても、おそらくその学生たちは普通に教科書を読んで参考書を解いていれば志望校に合格できる学生たちです。
そもそも考えてみてほしいのは、
動画が普及したここ数年、子供たちが動画やアプリで学習を始めていますが、昔の人たちより学力上がっていますか?
という話なんですね。

残念ながら、
OECDが実施するPISA(学習到達度調査)の結果で、日本はおもに読解力の分野で順位を下げ続けています。
動画が普及したことで日本の学生たちの学力があがった、というようなデータはないです。(まぁ世界でも普及しているので差が埋まらないのは当然かもしれませんが)
アプリや動画うんぬんではなく、
日本の教育そのものが見直される時期に来ていますよね。

以上の点を踏まえて、スタサプをうまく活用できるように学生たちには勉強を頑張ってほしいです。
英語学習で悩んでいる場合は気軽にご相談ください。

>Kix English School OPEN記念!

Kix English School OPEN記念!

入会金 15,000円 ⇒ 0円                            無料カウンセリング 無料体験レッスン受付中!

CTR IMG
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。