「とりあえずスピードラーニング」はやめておいた方がいい理由

英語を教える仕事をしていると、よく「スピードラーニングって効果あるんですか?」という質問を受けます。

その問いに答えます。

スピードラーニングとは・・
毎日5分聞き流すだけで誰でも英語が話せるようになる、
というゴルフの石川遼さんのCMで有名な英語教材です。
初級中級上級とあり、それぞれ50,000円程で販売されています。

その謳い文句であるお手軽さがヒットして、
世の中でかなり大勢の人が認知する人気英語教材となりました。
内容は基本的にはCDからまず英語の文が流れてきて、
その後に日本語の訳がが流れてきます。
それをただひたすら聞くだけで英語が伸びる、というものです。

では、効果があるかどうか、という問いですが、
「なにもしないよりは効果があります」というのが答えです。
「まったくの嘘です。」とまでは言わないです。

昔からこの手の英語教材がたくさんあり、
全ての教材に共通して言えるのは、ちゃんとやれば効果が出る、ということです。
当たり前なんです。
よっぽど変な教材じゃない限り、
ちゃんとした大人がみんなで企画して、
時間をかけて作って、世の中にリリースしたものはいい教材であるのは間違いありません。(最初から騙してお金儲けしようとしない限りは・・)

ただ、1番大事なポイントは「効果があるか、はなくて、ちゃんと続けることができるのか」です。
スピードラーニングはそこの売り方がうまかったのでヒットしたんですが、
でも冷静に考えて毎日5分英語を聞くなんてことを、
長い期間続けられる人なんてごく一部なんです。

ものは言いようで、スピードラーニングは楽して英語を学ぶ教材ではなく、ちゃんとストイックに毎日メニューをこなせば英語が伸びますよ、という教材なんです。売り方がうまかっただけで、今まであるどんな教材ともそんなに変わらないです。

今からジムに通いたくて、説明を聞きに来た主婦に担当者がこう言ったらどう思いますすか?
ジムに毎日来て毎日トレーニングしていけば、1年間で身体は変わりますよ。

「・・・。(そりゃそうやけども、そんなこと続けられるかな?)」

聴くだけで話せるわけがない、という指摘に対する答えを言います。

これはそのとおりなんですね。
英語をしっかり勉強している人からすると当たり前に知っていることなんですが、
そもそも英語を聴く力と話す力はまったく別ものです。
野球で言うと、投げる能力と打つ能力ぐらい違います。
打つのが上手いからといって投げるのが上手いなんてことないですよね?

ですので、英語の場合も同じです。
もし話せるようになりたかったら、話す練習をするしかないです。
スピードラーニングの謳い文句で「聞くだけで話せるようになる」と言っていたのかどうか定かではありませんが、
聞くだけでリスニングが伸びるというのであればそれは確かにそのとおりですが、
聞くだけで話せるようになる、は嘘です。

そもそも楽して英語が伸びることはありえません

多くの人がわかっちゃいるけどつい飛びついてしまうのがこれです。
楽して〇〇シリーズです。
楽してお金が儲かるとか、楽して痩せられるとか容系で楽してなにかが身についたり、結果が出るなんてことはないです。
気付いているとは思いますが、自分に都合の良い解釈はやめましょう

結論、

スピードラーニングをおすすめするのは、
誰にも知られないところでコツコツ毎日なにかに打ち込んだことがある、
一定の成果を出したことがある、という方のみ
です。
自分がそういう条件に当てはまる人はぜひ試してください。
そうじゃない人はやめておきましょう。

>Kix English School OPEN記念!

Kix English School OPEN記念!

入会金 15,000円 ⇒ 0円                            無料カウンセリング 無料体験レッスン受付中!

CTR IMG
PAGE TOP