おすすめ英語コーチングサービス7選

目次

1.英語コーチングと英会話スクールの違い

1.1 まず違いをおさえる

1.2 コーチングとは

1.3 価格と期間の違い

1.4 費用対効果

2.スクール選びのコツ

2.1 現地に足を運ぶ

2.2 いい講師に当たるには?

2.3 立地

3.おすすめスクール7選

3.1 PROGRIT

3.2 RIZAP ENGLISH

3.3 ENGLISH COMPANY

3.4 24/7 English

3.5 トライズ

3.6 プレゼンス

3.7 Kix English School

・英語コーチングと英会話スクールの違い

・まず違いをおさえる

大人向けの英語学習サービスは大きく分けると2つあります。
①英語コーチングと②英会話スクールです。厳密にいうともっと細かく分けられますが、大きくはこの2つです。違いをまずおさえておきましょう。

違いをジムで例えるのがわかりやすいと思います。今回紹介する①のコーチングはいわゆる 「RIZAP式」です。かなりハードで短期勝負。期限までに資格を取らないといけないとか、2カ月後に海外勤務が決まったとか、特殊な事情がある方はこちらに通う方がよいです。一方、②の英会話スクールは「どこにでもある普通のジム」です。ゆるくのんびり通う形です。英語で言うと、NOVAとかベルリッツ、ECCは②に当たります。趣味程度で楽しくやりたい方は②を選んだ方がよいです。どちらがいい悪いではなく目的に合わせて使い分けることをおすすめします。特徴として大きく違うのは、サービス内容と価格、そして通う期間です。

・コーチングとは


コーチングは、授業を受けて何かを学ぶ、という塾みたいなスタイルではありません。基本的に講師の先生から受けるサービスは、授業というよりも「英語学習のメニューを組んでくれる」という部分が大きいです。週1、2回授業もやってくれますが、それ以外の部分で毎日メールやLINEで学習状況を報告したり、宿題(メニュー)も指示を出したりしてくれて、チェックをしてアドバイスもくれます。その都度英語の質問にも答えてくれます。まさしくプロの「専属コーチ」がついてくれるわけです。メニューは結構ハードで、冗談抜きで最低1日2時間以上のメニューをこなさせられます。本気でそれぐらいの覚悟を持って通った方がよいです。社会人にとってはこの時間の確保が1番の課題ですが、そこもあわせて講師の先生がいっしょにメニューを組んでくれます。

・価格と期間の違い

これだけ贅沢なサービスを受けられるので、当然そのぶん値段も高いです。各会社の価格はこのページで紹介しているので参考にしてください。基本的に月10万円以上します。また、教材費も基本別料金です。全部買いそろえていくと合計2万円ぐらいはいくのではないかと思います。
この価格に対して、長期でずっと通い続けるのはたとえ一流芸能人であっても厳しいと思います。ですので、期間も2~3ヶ月がスタンダードです。まぁそもそも、実際のメニューがかなりハードなので(目標によりますが)、長期で通い続けることは不可能に近いと思われます。基本的には短期で結果を出したい方向けのサービスです。

・費用対効果

費用が高いとはいえ、長期でスクールにだらだら通うよりも費用対効果はよいと考えます。たとえばダイエットでも、普通のジムに通ってがんがん痩せられるような人はごく一握りです。そもそもそれで痩せられる人はジムに通わなくても自宅トレーニングで痩せられるような、相当に意思の強い、あるいはストイックな人です。月1万円でだらだらと1年通って、年で12万円払ってまったくほぼ痩せることができずに(あるいは痩せたけど3ヶ月ぐらいですぐ戻って)、最終的には退会、みたいな経験のある方は多いのではないでしょうか?それならやる気のあるうちに一気にぐっと伸ばして、結果も出た方が、その後継続できる、というのがコーチングのメリットです。個人的にはまず①に通って、自分で英語の勉強のやり方を身に着けた上で、②にのんびり通う、というのが1番最善だと考えております。(RIZAPに通って一気に痩せてから普通のジムに通い続ける、ということ)

・スクール選びのコツ

・現地に足を運ぶ

スクール選びに関しては、やはり実際に現地に足を運んで、説明を聞くべきです。少なくとも3社、忙しい方でも2社は説明を聞いて、自分と合いそうな雰囲気のスクールを選びましょう。
ただ、注意点があって最初に対応してくれるカウンセラーさん(窓口的な人)と、実際に教えてくれる講師の方は違う方なので、そこは勘違いしてはダメです。私自身は、5社説明を聞きに行った上で、RIZAP ENGLISH 池袋校に実際に通いました。RIZAP ENGLISH の場合は最初に対応してくれたカウンセラーの方の対応がいまいちでしたが、(期間が空いてしまったので)2回目聞きにいった時のカウンセラーの方の対応がよかったです。そしてそれ以上に講師の先生が抜群によかったです(2ヶ月コースで通いました)。

・いい講師に当たるには

せっかく高いお金と貴重な時間を使うので、当たり前ですが講師選びで失敗はしたくないですよね?
ぶっちゃけて言うと、講師の当たり外れはあり、そこには運の要素も絡んできます。ですがなるべくその運の要素を減らすためには、カウンセラーの方に自分の要望をしっかり伝えることが大切です。講師を選定するのはカウンセラーの仕事です。ですので、カウンセラーの方に自分の要望、いつまでにどういう風になりたいか、どういう目的で通うのか、どういう講師がよいか、などしっかり伝えることです。もしそれが自分ではっきり決まっていない人は、カウンセラーの方と相談する過程で発見するべきです。あいまいな中スタートしてはいけません。
またいい講師と出会うためにもう1つ大事なことがあります。これは裏技的な要素ですが、スケジュールをなるべく多く空けることです。基本的に人気講師は忙しいです。実際、講師が不足している校舎もあります。要望だけを言っていては自分にメリットはないです。要望を言うかわりに、なるべくスケジュールを譲歩するなどして、協力的な姿勢を見せましょう。カウンセラーや講師も人間なので、わがままな客だと思われる方がデメリットです。

・立地

言うまでもなく、校舎の立地も大事です。週1,2回しか足を運ばないとはいえ、貴重な時間を使うので、立地も考慮してスクール選びをしましょう。どうしてもプログリットがいいけど、立地的に RIZAP ENGLISH にしよう、など、その逆も然り。立地が遠いと通うのが面倒になってしまいます。なるべく仕事帰りに寄りやすい、仕事前に行っても苦ではない、立地を選びましょう。個人的にオンラインはおすすめしません。やはり実際に足を運んで講師の先生と会う方が、「頑張ろう」という気持ちになれますし、講師の先生も実際会った方がモチベーション高くやってくれるはずです。

・おすすめスクール

① PROGRIT

価格

入会金:50,000円
2ヶ月:328,000円(税別)
3ヶ月:468,000円(税別) 
※3ヶ月コースは分割払いあり

校舎

【東京】 新宿校、渋谷校、池袋校、新橋校、有楽町校、赤坂見附校、神田秋葉原校、六本木校、横浜校
【名古屋】 名古屋校
【大阪】 阪急梅田校、西梅田校
※オンラインあり


【営業時間】
(例)有楽町校
平日/祝日:12:30〜21:00・土日:9:30〜18:00
GW・お盆・年末年始休みあり

特徴:初心者向け

メリット:若いお姉さんと楽しく英語を学べる
デメリット:上級者向けではない
勉強時間:90時間/月

【詳しい解説】
サッカー選手本田圭佑さんを広告に起用していることで有名。ここ数年で急に校舎数を伸ばしているおり、英語コーチングスクールとしては最もポピュラーなスクールと言ってよい。
特徴は「科学に基づくカリキュラム」。実際には「第2言語習得理論」や「応用言語学」を元に上智大学の吉田教授監修の元に練られたカリキュラム。つまり大学教授の字英語習得理論を実際に自分で体験できるということである。

元々は創業者でもある岡田社長(元マッキンゼー)の留学経験のノウハウが元になっており、英語初心者でも取り組みやすい、というのを売りにしている。
社長が若いということもあり、社員も若い。社員の平均年齢は28歳であり、講師が若い、というのは親しみやすくて通いやすいのではないか。実際プログリットの講師採用基準は32歳以下である。つまりあえて若い講師しかいない初期設定にしている。

デメリットに書いた通り、講師の質はそこまで高くない人もいるはず。講師採用基準がTOEIC700点以上とでている。これは英語を教える専門の仕事としては決して高くない。上級者であればそれ相応の講師を当ててくれるだろうが、もしそうでない場合は講師に英語の質問をしても、質問に詰まる場面はあるかもしれない。ただあくまでコーチングサービスなので、たとえ英語力が高い先生だとしても、自分の英語力をあげるために親身になってくれるかどうかはまた別問題なので、なにを取るかはその人次第。

② RIZAP ENGLISH

価格

入会金:50,000円
2ヶ月:328,000円(税別)
3ヶ月:450,000円(税別) 
4ヶ月:572,800円(税別)

校舎

【東京】 銀座店、渋谷店、池袋店、新橋店、新宿店、赤坂見附店、新宿御苑店、秋葉原店、日本橋店

※オンラインあり

【営業時間】

平日/祝日/土日:7:00〜23:00
※1部店舗を除く

特徴:ビジネスマン向け

メリット:朝からやっているので仕事前にも通える
デメリット:校舎が東京にしかない
勉強時間:90時間/月

【詳しい解説】
言わずとしれた RIZAP の英語版。実際筆者が通ってみた印象としては、とにかく講師の先生の質がよかった。たまたま筆者を担当してくれた先生がよかっただけなのかもしれないが・・。RIZAP BODY(本体) が有名だが、そことの連携は特にそこまで蜜にしているわけではなく、RIZAP ENGLISH 自体が1つの会社として独立している様子。講師は若手からベテランまで幅広い印象。RIZAP ENGLISH 独自の単語帳などがあるが、それをメインで使用するわけではなく、基本的には講師の先生が選定した教材を使う(受講者のレベルにもよる)。
毎回単語テストがあり、かなりのボリュームで覚えさせられる。これも受講者のレベルによるが、毎日30分~1時間は単語学習に費やすことになる。
また、リスニング対策としてシャドウイングを多く取り入れている。「アウトプット型の学習」を推奨しており、単に聞くだけではなく、音読をしたり、スラッシュリーディングをしたり、自分が今まで経験したことのない学習方法を身に着けることができる。

RIZAP ENGLISH 自体は現在(2020年6月時点)採用をSTOPしている。コロナの影響もあるかもしれないが、経営母体が不安定、というのも1つの要因。ご存じのように社長が若くして成功し、会社の成長に社長の経験値が追い付かなった。外部の経営者を入れたり、解任したりと、会社自体がやや迷走している感は否めない。したがって会社がサイドビジネスである RIZAP ENGLISH にそこまで本気で力を入れている余力はあるとは言いがたく、これ一本で本気で勝負しているPROGRITにやや顧客シェアを奪われている印象がある。PROGRITが成功しているのは本田圭佑さんや北島康介さんを広告に起用したり、広告費に効果的にお金をかけている部分もあるが・・。値段もサービスの質も変わらないのにシェアを奪われているのは残念でならない。プチ情報だが、RIZAP の社員に家族がいれば割引(7割引き)で通えたり、紹介で入ると5万円キャッシュバックがあったりする。

③ ENGLISH COMPANY

価格

入会金:50,000円(税別)
全レベル対応コース3ヵ月:495,000円(税別)

入会金:20,000円(税別)
初心者 コース 2ヶ月:165,000円(税別)グループ
中級者 コース 2ヶ月:200,000円(税別)グループ
上級者 コース 2ヶ月:185,000円(税別)グループ

校舎

【東京】池袋スタジオ、恵比寿スタジオ、神田スタジオ、銀座スタジオ、品川スタジオ、新宿スタジオ、有楽町スタジオ、有楽町第2スタジオ、四谷スタジオ、六本木スタジオ、STRAIL新宿スタジオ、STRAIL銀座スタジオ、STRAIL恵比寿スタジオ
【埼玉】大宮スタジオ、STRAIL大宮スタジオ
【神奈川】横浜スタジオ
【大阪】梅田スタジオ、STRAIL北浜スタジオ
【兵庫】神戸スタジオ
【京都】四条烏丸スタジオ

特徴:お金持ち向け

メリット:講師の語学力が高い。
デメリット:値段が高い
勉強時間:45時間/月

【詳しい解説】
英語コーチングサービスとしては老舗。校舎数も多く、業界の最大手と言っても過言ではない。運営はスタディハッカーという会社。大学受験の予備校をやっていた会社で、2015年に英語コーチングサービスをスタートした。教育業のノウハウがあるという意味では、サービス面に信頼がおける。「第二言語習得研究の知見をベースにした科学的なトレーニング」を前面に打ち出しており、なるべく効率のよい勉強を求めるのが特徴。RIZAPやプログリットと比べて、勉強時間をとにかく確保する、というよりも短期間でいかに効率よく成果を出すか、ということに主眼を置いている。忙しい社会人にとってはそこがウケているのか、常時600人という待ち人数がいるらしく、トレーナーの採用も積極的に行っている印象。社長や取締役の雰囲気もあるのか、会社自体はどちらかという大人な印象。そういう意味ではトレーナーの方もそういう方が集まりやすいのではないか。また、グループレッスンをやっているのも特徴。コーチングサービスを提供している会社としては珍しい。

④ 24/7 English

価格

入会金:35,000円(税別)
2ヶ月:288,000円(税別)
3ヶ月:432,000円(税別) 
4ヶ月:576,000円(税別)
※レッスン1回60分×週2回

【営業時間】
7:30〜22:30

校舎

【東京】 銀座・新橋教室、渋谷店、恵比寿教室、上野教室、新宿教室、池袋教室、秋葉原・神田教室
【埼玉】大宮教室
【神奈川】横浜教室
【大阪】梅田教室

特徴:英会話に特化している

メリット:英会話中心で、楽しく英語を学べる
デメリット:TOEIC対策コースがない。
勉強時間:45時間/月

【詳しい解説】
24/7の一般的なイメージとしては、RIZAPの真似をしている会社、というイメージ。RIZAPがやっていることを少し安くやってみました、そしてそれでうまくいっています、というイメージの会社。英語もRIZAPより少し価格が安い。ただ英語コーチングスクールとしては、他社と圧倒的に違う部分があり、英会話に特化している点が違う。なので競合はどちらかというとRIZAPやプログリットではなく、NOVAやGABAになる。英会話スクールとしてはかなり月額費用は高いが、コーチングスクールとしては少しお買い得感がある、という立ち位置が特徴。RIZAPがスパルタなのに対して、どちらかというと楽しく英語を学びましょう、というスタイルも特徴。

⑤ トライズ

価格

入会金:50,000円(税別)
コンサルティング費用:185,000円
月額:118,000円(税別)×12カ月
※分割払いあり

【営業時間】
火~金曜日 13:00~21:15
土曜日 10:00~17:30

校舎

【東京】 新宿西口センター、新宿南口センター、田町三田センター、赤坂センター、銀座センター、秋葉原センター、丸の内センター、池袋センター、渋谷センター
【愛知】名古屋駅センター
【神奈川】横浜西口センター
【大阪】梅田センター

※オンラインあり

特徴:海外留学に行けない人が日本で英会話を学ぶスクール

メリット:TOTAL1年間で考えるとコスパは良い
デメリット:期間が長い
勉強時間:1000時間/年

【詳しい解説】
トライズの特徴は何と言って年1000時間の勉強時間の確保。
「アメリカ国務省付属の外国語研修機関「ForeignServiceInstitute」の調査によると、日本人が英語を身につけるためには”2,200時間”の学習が必要だと言われています。その内1,200時間は学生時代に勉強し終えているので、残りの1,000時間を勉強すれば英語を話せるようになるという計算です。」(トライズのHPより)
だそうです。
これはENGLISH COMPANY の考え方とは真逆と言えます。どちらが正しい、と言うわけではないですが、どんな習い事も時間をかければそのぶん身につくのは当たり前なので、言っていることは正しいです。ただ忙しい社会人でそれができるのか、それが唯一の課題です。トライズはそこに挑戦しているところで他社とは差別化されます。

また、もうひとつ特徴として、授業者が基本ネイティブの講師で、2週間に1回日本人のコンサルタントも入ってくれるのも特徴です。これは英会話に特化しているトライズの特徴とも言えます。トライズが目指しているのは日本にいながら留学しているのと同じ環境を作る、ということ。なのでライバル会社は留学エージェントと言ってもよいかもしれません。TOEICコースもありますが、そこに会社としてあまり力を入れている印象はないです。語学留学したいが、事情で日本にいないといけない方向けにはおすすめのスクールです。

⑥ プレゼンス

価格

入会金:なし
TOEIC L&R 600点コース(2ヶ月)141,000円(税込)
TOEIC L&R 750点コース(2ヶ月)151,000円(税込)
TOEIC L&R 900点コース(2ヶ月)161,000円(税込)

【営業時間】
基本的に土曜日もしくは日曜日にクラス開講

校舎

【東京】表参道駅徒歩1分 プレゼンス本社

特徴:グループレッスンのみ

メリット:仲間と競争(協力)し合いながら学べる
デメリット:個別レッスンではない
勉強時間:12時間/週

【詳しい解説】
2001年創業で、自社HPでは日本で最初の英語コーチングスクール、となっています。特徴は何といってもグループレッスン。モチベーションアップのためにあえてこの形をとっています。競争意識、仲間意識を持つこと、そしてクラスでのプレゼンテーションなどもあり、強制的にやらなければいけない環境を作ることが目的です。塾でもそうですが、個別が向いている人と、グループが向いている人がいます。人と競った方がやるが出る人はプレゼンスをおすすめします。個別ではいかに優秀なコーチがついても、本人がまったくやる気がないようでは伸びません。まぁ高いお金を払って、コーチングスクールに申し込むような方であればそんなモチベーションが低い方がいるとは思えませんが。

⑦ Kix English school

価格

入会金:なし
TOEIC対策コーチングコース(1ヶ月)10,0000円(税込)
TOEIC対策コーチングコース(2ヶ月)200,000円(税込)

校舎

カウンセリング:赤羽蛇の目ビル3F
レッスン: 赤羽蛇の目ビル3F

特徴:安くてサービスが良い

メリット:コスパ最強 , 講師が塾長
デメリット:先着MAX2名までしか対応不可
勉強時間:90時間/月

【詳しい解説】
当ブログの筆者であるKixが自ら運営するサービス。
中学校教諭経験もあり、留学経験もあり、海外営業の経験もあり、あらゆる角度からの英語学習者のつまずきに対するアドバイスができるのが特徴。
ベースは中学校英文法をしっかり教え込むことが大切だと考える。
リスニング対策としてはシャドーイング至上主義である。
勉強時間に関しては、RIZAPやPROGRITと同じく、月90時間が必須であると考える。まだサービスを始めたばかりのため格安でサービスを受けられるので、どこのサービスを受けるべきか迷われている方で、コスパを重視したい方はKix English School1択でよい。

>Kix English School OPEN記念!

Kix English School OPEN記念!

入会金 15,000円 ⇒ 0円                            無料カウンセリング 無料体験レッスン受付中!

CTR IMG
PAGE TOP